イマココ電力 イマココ電力

イマココSDGS

INFORMATION インフォメーション

肥後ジャーナル記事解説⑤〜ペレットグリルヒーターKIRINSAN〜

4月30日21:00に肥後ジャーナルさんとの企画
「無人島で文明的ソロキャンプ!電気の力で無人島もめちゃくちゃ快適だった」

の解説パート5です。

 

 

本編ではあまり触れることができなかった「KIRINSAN-P」

 

このアウトドア用のグリルヒーターの燃料はペレット。

 

ペレットは、間伐材や製材クズなどを活用して作られる木質燃料です。

 

木材を粉末状にして、乾燥させ、圧縮して円筒状に形成するので接着剤などは一切使っておらず、100%木質の燃料です。

 

 

薪やペレットなどの木質燃料は、カーボンニュートラルという循環の中で使われるため、排出する二酸化炭素は、木々の成長の過程で吸収され、二酸化炭素の排出量は実質0ということになります。

 

さらにペレットは、地域の森林の手入れをする際に出る間伐材などを使って作られるため、森林が綺麗になり、さらに林業や燃料の製造などに地域の雇用も作ることができる、地産地消のエネルギーなのです。

 

日本よりも30年進んでいると言われている、エネルギー先進国であるヨーロッパ諸国では当たり前にペレット燃料が使われています。

 

 

 

KIRINSAN-Pは、基本的に屋外で使用するグリルヒーターです。

屋外で暖を取るためのストーブとして、
背中に当たる部分でお湯を沸かしたり、焼き物もできます。
さらに、今回の記事内でもピザを焼いたように、お腹部分がグリルになっており、ピザや焼き芋などを焼くこともできます。

 

我が家では、この春はたけのこのアク抜きに大活躍でした。

 

気になるのは着火方法。

何も知らない、アウトドア初心者の山田さんでも簡単に着火できたくらい着火も簡単です。

 

 

 

 

 

使用したバッテリーの紹介

肥後ジャーナル記事解説①

 

今回このバッテリーを使ってどんな電化製品を使ったかはこちらから

肥後ジャーナル記事解説②

 

停電した時にライターの山田さんを救ってくれた、ワークショップで作るバッテリーについてはこちら

肥後ジャーナル記事解説③

 

オフグリッドな暮らしについてはこちらから

肥後ジャーナル記事解説④

 

エネルギーを手の中に取り戻すということはこちら

肥後ジャーナル記事解説⑥

 

 

CONTACT お問い合わせ

製品・サービスに関してお気軽にお問い合わせください。